パリ、シャンゼリゼを歩くとこの街灯が立っています。1900年のパリ万博に合わせてパリ市が建立し、1960年代後半の5月革命の際に一斉にパリ当局によって取り払われた街灯が一部の地域で残っていたものです。
高さ約5m、土台の直径は約85cmで4っに分解でき重量約550kgあります。
一番上の照明部分は現代でも点灯できるよう複製されていてパリの街灯と全く同じ物です。
日本では名古屋市がパリ市と姉妹都市という事で当時のパリ市長だったジャック・シラクから贈られたものが2灯建っています。
静岡から300勸米發離灰鵐リート基礎工事、組み立てまで込みでの請負金額です。{リペイント&電気配線は別途}
商品名 シャンゼリゼの街灯 
購入数
-