据え置き型の燃焼コンロ

鋳物製 1800年代後半の小部屋の暖炉の中に設置したコンロ。
装飾過多なのは部屋の中で暖を取るフランス人の好みでしょう。

薪にしてはサイズが小さいので石炭用と思われます。
現代では主にレトロな装飾として使わなくなった暖炉の花台として
パリなど都会のアパルトマンで良く見られます。

H : 44cm / W : 55cm / D : 21cm  重さ約18

商品名 アンティーク・薪入れ
型番 1002-25
購入数
-